石鹸シャンプー 地肌

石鹸シャンプーで地肌もスッキリした話

46歳、女性です。若いころは髪がパサパサして知り合いから「無添加」シャンプーを勧められました。

 

1本3000円で、泡立ちがなく洗っても汚れが落ちてるのか疑わしい状態でしたが無添加=体と自然にやさしいものを使って良い製品を使っている気持ちから3〜4年ほど使っていました。

 

独身だったこともあり価格を気にせず使いましたが、結婚して生活を考えるといつまでも使えるはずがありません。

 

無添加シャンプーから「ノンシリコンシャンプー」に変更して数年。
最初は地肌がすっきりしていたのですが、同じ銘柄を使い続けて2,3年後。髪を乾燥させてる状態でも地肌が脂っぽい感じがするのです。

 

シャンプーすると地肌がヌルヌルするため爽快感の高いシャンプーを時々使ったり夫のスカルプシャンプーを使ったり一体何が原因でなったのか不思議でした。

 

3年ほどまえからネットで「石鹸シャンプー」を見つけて使い始めました。

 

ポンプ式の泡が出てくるので泡立ての手間がありません、泡立てが面倒な私にピッタリでした。

 

洗い流しも素早く地肌もスッキリして「(時短でシンプルなお手入れ)これだ!」と思いました。

 

石鹸シャンプーなのでリンスをしっかりしないと髪がキシキシします。同じ銘柄のリンスをたっぷり使っていましたが成分が足りなかったのでしょうか地肌はスッキリするのですが髪がパサパサしてツヤがなく広がるようになってしまい別の石鹸シャンプーに変えました。

 

最初は汚れ落ちがイマイチに感じ夏は別の爽快感のあるシャンプーを併用していましたが、冬は毎日使うと髪の毛がパサパサするため石鹸シャンプーは2、3日に1度使うようにして、他の日は別の保湿系のシャンプーを使うようになりました。

 

髪をドライヤーで乾かしてもパサパサしなくなったので今は満足しています。

 

年齢とともに地肌も変化するものなんですね。顔と同じです。

 

 

ポイントは2度洗い!

 

私は10代の頃からずっと胸下のロングヘアです。ロングヘアは結婚式やイベントなどで色んなアレンジをしたり、ヘアアイロンで巻き髪が出来たりと様々な楽しみ方が出来ます。

 

しかしその反面、枝毛や痛んだ髪はとても目立ちやすく、夏場は長い髪の毛をドライヤーで乾かすのも大変です。

 

最近では多くのメーカーからこのような悩みに対応した、紫外線やヘアアイロンの熱によるダメージ、ヘアカラーによるダメージから守ってケアしてくれるものが登場しています。

 

そんなシャンプーの効果的な使い方のポイントは、2度洗いです。美容院などではよく見られる方法ですが、ご自宅でも簡単に取り入れることが出来ます。

 

はじめにシャワーのお湯でしっかりと髪の毛全体を濡らし、ここでワックスやスプレーなどのヘア剤を軽く流します。そして1度目のシャンプーは地肌の皮脂汚れを洗い流すように行います。

 

一度しっかりと洗い流し、2度目のシャンプーは先程よりしっかりと泡立ちを感じられると思いますが、毛先の汚れを中心にあまりこすり過ぎず撫でるように洗い落とします。この2度洗いをすることにより、少ないシャンプーの量でもしっかりと泡立ちを、地肌も毛先をすっきり洗い流すことが出来ます。

 

シャンプーの効果をしっかりと髪に行き渡せることができるオススメの方法なので、是非取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

 

縮毛矯正の痛みから髪の毛を守ろう!

 

わたしは生まれつきくるくるくせ毛。サラサラストレートの髪の毛は永遠の憧れで、今でも定期的に縮毛矯正をかけています。縮毛矯正は湿気対策にもなるし、くせ毛には見えにくいツヤのある髪の毛にしてくれます。

 

でも、縮毛矯正ってホントに髪が痛むんですよね。今の縮毛矯正は薬が改良されて、前より痛まなくなったとは言うけれど…切れ毛、枝毛にはなるし、手ぐしが引っかかるキシキシの髪の毛にちゃんとケアをしないとなってしまいます。せっかくの憧れのサラサラストレートを手に入れたのだから、維持していきたいですよね。。

 

美容師さんに進められたシャンプーとトリートメントを使うようになって、せっせと毎日自分の髪の毛と向き合っています。

 

わたしはシャンプーで、泡パックをしています。しっかり頭皮の汚れを取ったあと、シャンプーの泡で髪の毛を包み、5分くらいおいてから、洗い流しています。この時、しっかりとシャンプーを洗い流すことが大切です。

 

トリートメントは髪の毛に馴染ませたあと、洗い流したものが洗面器に溜まるようにして、それを何度か髪の毛に馴染ませます。リトリートメントというやり方で、これだけで洗い上がりが全然違います!

 

わたしは泡パックとリトリートメントのおかげで、縮毛矯正の痛みを緩和して、サラサラの髪の毛を維持しています。髪の毛が軽くなった感じがしますよ!ぜひおすすめしたい方法です!

 

 

どうにもならない、天然パーマ。

 

幼少の頃は、髪の毛がサラサラしていて、パーマなどとは無縁の髪質をしていました。
ただ気がかりだったのは、父親が超がつくほどの天然パーマだったことです。

 

サラサラヘヤーだった10代も過ぎ、30才の手前くらいになった時期あたりから、髪質に変化がみられ、少し髪にうねりがつくようになりました。

 

それまでは、シャンプーやリンスは、特に気にすることもなく、特売で買えるような商品を使っていました。
30才を過ぎると、完全に天然パーマとなってしまい、出掛ける前には、一度髪を濡らして、ドライヤーで伸ばさなければ、とても外には出られないような感じになってきました。

 

例えるのならば、俳優の大泉洋さんの髪型をもっと凄くした感じです。
それくらいから、シャンプーとリンスを気にするようになりました。

 

それまでは、メリットのシャンプーとリンスを使用していましたが、ウエラのSPと使いました。
まとまらない髪や縮れた髪にも良さそうでしたので、少々値が張りますが、しばらく使ってみることにしました。

 

しかし、最初の数日は髪がとてもしなやかになり、これは効き目がありそうだと思っていたのですが、数週間がたった辺りで、自分の髪の毛が、シャンプーに慣れてしまったのか、またうねりだしました。

 

どうやら、シャンプーの成分よりも、自分の天然パーマの方が勝ってしまったようです。
今では、以前と同じく、髪を濡らしてセットをする方法をとっています。

 

しかし、まだ新しいシャンプーがあるかもしれませんので、薬局で探してみたり、パーマ屋で聞いてみたりしようと思っております。

 

 

間違ったシャンプーの使い方は危険

 

シャンプーは髪のダメージを与えてはいけないと思い、毎日ではなく2日に1回のペースで使用しています。
夏場など汗を多く書く日は毎日、使用することが多いですけどね。
しかし、どのシャンプーを使っても、なかなか髪に潤いを感じずパサつくことが悩みです。

 

よく髪の毛にツヤがでる事を天使の輪と表現することもありますが、そういったものもありません。
全体的にゴワつくといいますか、髪が痛んでる感じがするのです。

 

どのシャンプーを使っても同じ結果ということは、やはり自分の髪の毛の洗い方に問題があるのでしょう。

 

そこでネットで髪の適切な洗い方について色々と調べてみました。
まず基本中の基本ですが、シャンプーは泡立てて使うということを知ります。

 

これは頭皮を痛めないために行うことであり、髪にシャンプーを垂らしてから頭皮で泡立てるのは髪に大きなダメージを与えるそうです。
こういった基本から直していかないとダメですよね。

 

そしてシャンプーの使用量ですが、今まで少なすぎる事にも気づきました。
これでは逆に髪に中途半端なダメージを与えてしまっています。

 

ですので、髪を洗う際は今までの2倍以上のシャンプーを使うことによって少しパサつきも改善されたかな、と思いました。
誤ったシャンプーの使い方は髪に相当なダメージを与えていると言う事が良く分かったので、これからは適切な方法でシャンプーを行っていきたいですね。

 

 

一般的なシャンプーでくせ毛とうまく付き合う方法

 

私はくせ毛なので放っておくとすぐに湿気などでウェーブがかかってしまいます。それなので基本的に縮毛矯正をかけるのが一番早いのですが、最近シャンプーをよく見分ければ、矯正をかけておらずケアがシャンプー等だけでも大分落ち着かせられることが本当に出来るようだということに気付きました。

 

一般的にドラッグストアなどで売っているシャンプーには、見た目の質感から言ってミルクタイプとクリアなタイプに分けられます。ミルクタイプだと髪はしっとり、クリアなタイプだとさっぱりに仕上がるということが多いです。

 

自分はねこっ毛でもあり、それがまた更に空気中の水分を吸いやすく髪をうねらせるので、しっとり質感の髪には憧れますがどちらかと言えば髪の水分量抑えめでさっぱり仕上がるクリアなタイプを好んで使えば、くせが出ないようにするためによかったようです。

 

リンスについても同様のことが言えます。

 

リンスの見た目は何でもほとんどがミルクタイプなのでシャンプーと違って使ってみるまで見分けが難しいですが、さっぱり仕上がるタイプを使えばやはりくせ毛対策になります。

 

クリアタイプのシャンプーを使ってもリンスの方が思いっきりしっとり感を出すタイプなことがありますが、それだとやはり髪の水分量が多めになり、くせ毛対策のためには厳しくなるので、ちゃんと選ぶ必要があります。

 

くせ毛の人には、ヘアオイルのアスオイルもオススメです。

page top